セラミック治療

歯の色、形、歯並びでお悩みはございませんか?

セラミック治療は、特に以下のようなことでお悩みの方におすすめします。

  • 虫歯の治療で、金属ではない自然な被せ物・つめ物を使いたい
  • 歯の色が、ホワイトニングでも白くならない
  • 神経を取った歯が黒ずんでいて気になる
  • 見た目、咬み合わせの問題から、歯の形を整えたい
  • 軽度のすきっ歯を治したい
  • 金属アレルギーの心配のない被せ物・つめ物を使いたい
  • 現在使用している金属の被せ物・つめ物をセラミックに替えたい

セラミックについて

セラミックセラミックは、審美性・機能性とも天然歯に限りなく近い、白い陶製の材料です。

見た目や金属アレルギーを心配することなく、被せ物、つめ物としてご使用いただけます。ただ白いだけではなく、透明感や艶感も天然歯と同等のものを持ちますので、自然な美しさを再現することができます。

現在ご使用中の金属や歯科用プラスチックの被せ物・つめ物を、セラミックに交換することも可能です。

セラミック治療のメリット

セラミック女性

天然歯と同等の、自然な美しさを再現
自然な白さ、透明感、艶感という点において、金属や歯科用プラスチックはもちろん、他の材料でも再現できないほど、天然歯に近いものを手にいれることができます。一見して、人工物を使用していることは分かりません。専門家が近くで見て、ようやく判別がつくレベルです。
金属アレルギーの心配がない
お口の中に金属がある限り、金属アレルギーを発症するリスクが残ります。それまで一切症状がなかった、前兆もなかったという方が、あるとき突然金属アレルギーを発症することもあります。発症すると、手足から膿が出る「掌蹠膿疱症」、水ぶくれができる「汗疱状湿疹」などを伴います。
金属を一切含まないセラミックには、これらの金属アレルギーの心配がありません。
咬み合う歯を傷つけない
上下の歯は、日常的にぶつかり合っていますが、そこに金属の被せ物を使用していると、咬み合う歯を無用に傷つけてしまうことになります。
セラミックには適度な摩耗性があるため、咬み合う天然歯を傷つけることがありません。天然歯を長く健康な状態で残すためには、“修復物の摩耗性”というのはとても重要なポイントとなります。
虫歯、歯周病のリスクが小さい
セラミックは、金属と比べて歯と強固に接着します。また、加工しやすい材料であるため、天然歯との境目もきれいに仕上がります。加えて、汚れやプラークが付着しにくい表面構造をしています。
これらのことにより、虫歯や歯周病の原因となる細菌が溜まりにくい口腔を維持することができます。
口臭の予防
汚れが付着しにくいということは、それだけお口の中をきれいに保てるということです。汚れが付着しにくいセラミックであれば、口臭も予防できます。
歯ぐきの黒ずみを予防
金属は、経年劣化により少しずつ金属イオンが溶け出し、歯ぐきの黒ずみを引き起こします。
セラミックには一切の金属が使用されていませんので、歯ぐきが黒ずむことはありません。
軽度のすきっ歯にも有効
被せ物を使用することで、歯の形を整えることができます。軽度のすきっ歯であれば、歯間をきれいに埋めるように、被せ物で調整することが可能です。
ホワイトニングが効きにくい方にも有効
ホワイトニングは、歯質によっては効果が現れにくいことがあります。そういったときには、セラミックを使った被せ物で、ご希望の白さに調整することができます。歯の表側だけにセラミックを貼り付ける「ラミネートべニア」という方法であれば、歯を削る量も抑えられます。
また、神経を取ったために黒ずんでしまった歯を白くしたい場合にも有効です。(神経を取ったことによる歯の黒ずみは、ホワイトニングでは白くなりません)

そらいろ歯科で使用しているセラミックの種類

歯に被せる修復物

オールセラミッククラウン
審美性 ☆☆☆☆☆
周囲の歯への優しさ ☆☆☆☆☆
虫歯・歯周病・口臭の予防力 ☆☆☆☆☆
生態親和性 ☆☆☆☆☆

手作業によって、セラミックのみで作るクラウンです。セラミックの良さが存分に発揮された、ほとんどパーフェクトな被せ物と言えるでしょう。デジタルクラウンと比較すると、色の調整のしやすさにも優れます。自然な美しさを持つお口元を再現することができます。
唯一の欠点は、硬いものにぶつかったときに割れてしまうことがある点です。

オールセラミックの料金
オールセラミッククラウン 100,000円
デジタルクラウン(セラミック)
審美性 ☆☆☆☆
周囲の歯への優しさ ☆☆☆☆☆
虫歯・歯周病・口臭の予防力 ☆☆☆☆☆
生態親和性 ☆☆☆☆☆

デジタルクラウンとは、お口の中をスキャニングしたデジタルデータをもとに、セラミックブロックから機械で削り出して作るクラウンです。
良質なブロックから削り出して作るため、均質性に優れたクラウンを作製することができます。ただし、手作業で作るオールセラミッククラウンのように、細かな色の調整はできません。

デジタルクラウン(セラミック)の料金
デジタルクラウン(セラミック) 60,000円
ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、セラミックを貼り付ける方法です。短期間で歯の白さを取り戻すことができます。ホワイトニングで十分な効果が得られなかった方にもおすすめです。
歯を削らずに貼り付けられるケースもありますので、少しでも気になるという方は、お気軽にご相談ください。

ラミネートべニアの料金
ラミネートベニア 80,000円

歯に部分的な修復物

デジタルインレー(セラミック)
審美性 ☆☆☆☆
天然歯との境目の仕上がり ☆☆☆☆☆
虫歯・歯周病・口臭の予防力 ☆☆☆☆☆
生態親和性 ☆☆☆☆☆

デジタルクラウンと同様、口腔内のスキャニングデータから機械で削り出して作るインレーです。セラミックの場合は色の制限がデメリットとなりますが、インレーであればそれほど目立ちませんので、その制限を気になさる方はほとんどいらっしゃいません。
審美性・機能性に優れたインレーを、低価格でご利用いただけます。

デジタルインレー(セラミック)の料金
デジタルインレー(セラミック) 35,000円
オールセラミックインレー
審美性 ☆☆☆☆☆
天然歯との境目の仕上がり ☆☆☆☆☆
虫歯・歯周病・口臭の予防力 ☆☆☆☆☆
生態親和性 ☆☆☆☆☆

セラミックのみで作るインレーです。口を開けて覗いても、ほとんど天然歯と見分けがつきません。汚れがたまりにくい表面構造をしているため、虫歯・歯周病・口臭の予防にもなります。
また、その白さも長持ちします。

オールセラミックインレーの料金
オールセラミックインレー 50,000円

金属アレルギー・アマルガム除去について

金属アレルギーでお悩みの方にセラミックをおすすめする理由

金属アレルギー症状の改善はもちろん、審美面・機能面においても、さまざまな効果が期待できます。

金属アレルギー症状の改善

金属アレルギーの方にセラミックをおすすめする最大の理由は、何と言ってもセラミックに一切の金属が含まれていないという点です。これから虫歯治療を受ける方はもちろん、現在金属のつめ物・被せ物を使用していてアレルギー症状があるという方も、セラミックに交換することで、症状の改善が期待できます。

天然歯と同等の、自然な美しさを再現

自然な白さ、透明感、艶感という点で、天然歯と同等の美しさを再現できます。

咬み合う歯を傷つけない

適度な摩耗性のあるセラミックは、咬み合う歯を傷つけず、お互いを長持ちさせます。

虫歯、歯周病のリスクが小さい

金属より強く接着でき、加工しやすいセラミックは、被せ物としてもつめ物としても隙間なく取り付けることができます。プラークも付着しにくく、虫歯・歯周病を引き起こすリスクの低い材料です。

 口臭の予防

セラミックは、汚れが付着しにくい表面構造を持っています。金属の修復物と比べて、口臭リスクが抑えられます。

 歯ぐきの黒ずみを予防

金属は、長く使用することで金属イオンが溶け出し、歯ぐきを黒ずませることがあります。セラミックには一切の金属が含まれていないため、その心配もありません。

軽度のすきっ歯にも有効

セラミックの被せ物の場合、歯の形状を調整することで、軽度のすきっ歯を改善することができます。

ホワイトニングが効きにくい方にも有効

歯質によっては、ホワイトニングの効果が十分に発揮されないケースがあります。セラミックであれば、理想的な歯の白さを再現することができます。

「これまで金属アレルギーを起こしたことがないから大丈夫」は間違いです

イオン化した金属が体内に蓄積し、ある量を超えたときに金属アレルギーは発症すると言われています。そのため、「これまで金属アレルギーを起こしたことがない」という事実があっても、それが安全を保障することにはなりません。
また、金属を口内に入れた直後に金属アレルギーが発症するとも限りません。少しずつ金属が体内に蓄積していき、何年後、何十年後に発症することもあるのです。
現在お口の中に金属を使用している方であれば、誰が、いつ発症してもおかしくない、それが金属アレルギーです。

金属アレルギーを起こす可能性の高い金属

いずれも、現在の歯科治療で使用されているものです。アマルガムについては、その危険性の大きさが認知されてから使用する歯科医は少なくなっていますが、ゼロではないようです。現在でも、保険診療の材料として使用が認められています。

  • 金銀パラジウム合金
  • ニッケルクロム合金
  • アマルガム
  • 銀合金 など

金属アレルギーの危険性

銀歯金属アレルギーの原因は?ときかれると、金属製のアクセサリーなどを思い浮かべる方も多いでしょう。

汗などに溶け出した金属が、イオン化され体内に取り込まれると、私たちの身体が異物と認識して抗体を作ったり、拒絶反応を起こしたりします。これが炎症をはじめとする症状となって現れるのが、金属アレルギーです。

口腔内に使用されるつめ物・被せ物・入れ歯などの金属も、金属アレルギーを起こす可能性があります。唾液によって金属が溶け出し、イオン化し、体内へと蓄積されていくのです。

口腔内の金属を原因とするものの、症状は全身に表出します。手足から膿が出る「掌蹠膿疱症」、水ぶくれができる「汗疱状湿疹」などがよく見られます。

 1970~80年代に広く使用されていた「アマルガム」は、特にリスクの高い金属

現在でこそ、アマルガムを使用する歯科医院はほとんどありません。しかし、1970~80年代にかけては、国内でその危険性が十分に認知されていなかったこともあり、虫歯治療におけるつめ物としてごく一般的に使用されていました。
当時、歯科医院で金属のつめ物による虫歯治療を受けている方は、アマルガムが使われている可能性が高いと言えます。
歯科医が見ればすぐに分かる金属ですので、思い当たることがある方は、お気軽にご相談ください。セラミックや歯科用プラスチックなどの、金属を含まない材料と交換することができます。

アマルガムのリスク

アマルガムには、水銀が含まれています。水銀は、あの水俣病の原因となった金属です。
口腔内は、体温に近い温度に保たれていること、常に唾液により湿っていることから、アマルガム内の水銀が溶け出しやすい環境にあります。金属アレルギーはもちろん、心臓、腎臓、脳における障害を引き起こす可能性があります。
アマルガムが引き起こす疾患・症状としては、以下のようなものが挙げられます。中でも、妊娠中の胎児や授乳期間中の乳児の場合、特にその影響が大きくなると言われています。

  • 金属アレルギー
  • アトピー性皮膚炎
  • 湿疹
  • 肌あれ
  • 肩こり、腰痛
  • 腹痛
  • 偏頭痛
  • 関節痛
  • 冷え性
一番上に戻る
夜22時まで診療 電話問い合わせ
072-997-3311日曜も診療 24時間WEB予約駅から徒歩0分 アクセス・診療時間保険・自費診療共に質の高い治療を提供 メール相談
TEL.072-997-3311メール相談WEB予約